レンタルサーバーの契約で注意したいことは?

サーバーというネットの「場所」を借りる

レンタルサーバーとは、その名の通り「サーバーを借りる」ということです。普段、私たちはインターネットで何気なく情報を閲覧しているのですが、その情報を置いてある「場所」が存在しています。その情報を置くため「場所」を借りるということなのです。サーバーは自分で設置することも可能ですが高額ですから、初心者が専用サーバーを持つのは現実的ではありません。そこで、業者からサーバーの一部を借りてネット上に情報を公開しているのです。

月額100円台でレンタル可能!容量も徐々に増やせる

レンタルサーバー業者は数多く存在しますが、やりたいことによって業者選びや料金も違ってくるので、精査して選びましょう。安い業者であれば月額100円ほどでも借りることができますが、安ければ良いというものでもありません。公開したい情報はたくさんあるのに、契約しているサーバーの容量が少ないと自分の「土地」に情報が入りきらないことも考えられます。軽い気持ちで始めるにはちょうど良い価格ですが、継続しているうちに情報が多くなってきたら、容量を増やしていきましょう。

繋がりやすさもサーバーの契約次第?

安いレンタルサーバーを借りることのデメリットは、容量だけではなく「繋がりやすさ」も影響します。繋がりやすさとは、作成したページを世界各地で同時に閲覧されている場合、ページにアクセスしにくくなるケースが発生することを指します。せっかくページの人気が出てきたにもかかわらず、レンタルサーバーの質が悪いがためにアクセスまでに時間がかかり、しびれを切らせてページの訪問をやめてしまうという方も出てくるでしょう。将来にわたって質の良いホームページを作ろうと考えるのであれば、ある程度のお金を出して運営してゆくのが無難と言えます。

レンタルサーバーとは言葉通りに、借りているサーバーのことを言います。ホームページを作成する時などによく使われます。

レンタルサーバで調べる
read more
© 2017: Hosted Computing