ゲーム用パソコンの選び方の基礎知識まとめ

ゲーム用パソコンは性能を要求される

パソコンは年々安くなり完全に身近な存在になったものの、ゲーム用パソコンを選ぶ際は注意が必要です。特にありがちなのがそのゲームの要求スペックCPU欄だけ見て買ってしまうケースでしょう。なるほどCPU性能はクリアしていますがゲームとは映像と音の2つが必要です。そしてこの2つはパソコンの中で最も性能を要求される項目といえます。いくらCPUが良くてもその結果を出力する映像が貧弱では本来のゲームの姿を映し出す事はできないですよね。そうゲーム用に合ったビデオカードが必要なのです。必ずそのゲームの要求スペック以上、できれば推奨スペック以上のビデオカードを搭載しましょう。でないと後々要求性能が上がった際にまともに動作しなくなってしまいます。

性能を出せる物を買い、安物買いの銭失いは避けよう

パソコンは現在では用途に応じた様々な種類が存在しますね、デスクトップやノート、省スペース型等あります。そしてゲーム用パソコンに求められるのは一にも二にもソフトが動く為の性能です。特にパソコンはコンシューマーと違い画面解像度を選択できる為、同じゲームでも解像度を上げて綺麗な画面にした途端に性能が劣化したりプレイできなくなった話はよく聞きます。性能を発揮するためにはある程度の性能要求に応えられるパソコンが必要になります、まずこの時点でノート型は脱落となります。理由は前述のビデオカードの件でも言いましたがゲームにビデオカードは必須であり性能要求や拡張性に乏しいノートは適さないのです。ハイエンドゲーマー用ノートパソコンもあるにはありますが価格は何倍も高く年数が経つと最新ゲームへの追従は難しくなるでしょう。同様に省スペース型も適しませんね、これもノート同様拡張性に乏しいのがネックとなり大きめの性能の良いビデオカード増設に難があります。

どんなパソコンがゲームに適しているか

ではどんなパソコンがゲームに適しているのでしょうか。実はゲームプレイには推奨環境と同等かそれ以上の性能があればいいのです。ただしビデオカードを取り替えたりする最低限の拡張性を持っている事が前提となる為メーカー品ならミドルタワー以上、自作なら左記と同等かなるべく拡張性が高い物が望ましいでしょう。推奨環境を満たしていれば大体のゲームはプレイ可能な為、性能要求に届かない場合はそのパーツを交換して満たしてしまえばいいのです。ただ大きい電源やサーバーケースは消費量の大きいカードやCPUを動かしたり冷却には有利ですが必須ではありません。これらを使えば更に有利にはなりますが、対効果費用で考えるとけして安くはないのです。ゲーム用といえどパソコンは大体5年もすれば買い替えが発生します。性能を求めるのは容易いですが一度上げてしまった性能は中々下位の物では満足し得ない物となります。そしてその後のゲーム用パソコンを維持するのが困難になりますので性能追及は程々にする方が得策ですよ。

パソコンではワードでの文書作成やエクセルでのグラフ・表の作成など他にインターネットでの検索で情報収集ができる非常に便利な機械です。

© 2019: Hosted Computing